卵から幼虫へ

幼虫から蛹へ

蛹から成虫へ

 

虫たちの変態の過程 

 

人もまた母体の中で、受精卵から生物の何億何万年という進化の歴史を再現し人の形を成す・・・ 

 

「変態せよ!」 

 

身体からの要求のその声を今ここの自分はそう翻訳している 

 

身の中の変態の記憶、経験・・・ 

 

姿は変わらねど 

 

身の内は化けられる

 

同形転質 

 

身の裡の変態

 

変態せねば

 

この道から降りる

 

生きるか死ぬかの「しせい」

 

自身の選択

 

この道を生きるための選択

 

この道を歩き続ける為の洗礼

 

この道を尚行きたいが為の

 

儀礼

 

 

 

 

虫たちの全生を想う

 

全生なくば変態せず

 

全生故の変態なり

 

舞踊家としての全生を

 

全生なくば変態せず

 

全生すれば変態す

 

 

 

我がイの声と共にゆく

 

我が身がそれを希求する

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まだ蝉の声は聞こえない 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

舞踊家 金野泰史

 

最初にして最後の儀礼


金野泰史Blog

 

舞踊家 金野泰史としての、初にして最後のソロ公演

http://newskonno.blog83.fc2.com/blog-entry-504.html

 

舞踊家 金野泰史としての、初にして最後のソロ公演

http://newskonno.blog83.fc2.com/blog-entry-505.html

 

舞踊家 金野泰史としての、初にして最後のソロ公演

http://newskonno.blog83.fc2.com/blog-entry-506.html


金野泰史と上田晃之(劇作家/演出家/役者)の対談 

 

Vol.1 (8月3日)

 

Vol.2 (8月13日)